豊島園大腸肛門科は東京都練馬区のジオン注、痔の悩み、痔の手術、内視鏡など肛門科専門医です。

豊島園大腸肛門科

お問い合わせ
03-3998-3666
〒179-0074 東京都練馬区春日町4-6-14

3大痔疾患

  • 大腸内視鏡
  • 大腸内視鏡
  • 大腸内視鏡
  • 大腸内視鏡
  • 痔の手術
  • 大腸内視鏡検査
  • 大腸ポリープ
  • 早期癌
  • 進行癌
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 手術について
  • 内視鏡検査の受け方
  • お問い合わせ

痔核(いぼ痔)

排便時のいきみの繰り返しなどにより、うっ血などが生じ発生します。
内痔核と外痔核に分けられます。内痔核は痛みを感じない直腸よりに生じます。
しかし症状が進むと出血し、さらに脱出してくるようになります。
脱出したままになると、かなりの痛みを伴います。
外痔核は痛みを伴い、時に硬いしこりとして触れます。

豊島園大腸肛門科

裂肛(切れ痔)

太い便や硬い便が無理に肛門を通過するために出口付近が切れて生じます。
症状としては、排便時にティッシュペーパーにつく程度の出血と痛みがあります。症状が進むと排便時や後にも激痛が生じます。そのため排便時の痛みのために排便を我慢するようになり、ますます便が太く、硬くなるという、悪循環を繰り返すようになります。
この状態が続くと肛門が狭くなって、便が細くなったりします。

豊島園大腸肛門科

痔瘻(あな痔)

肛門の奥にはポケット状になった肛門腺が開口しています。
普段から軟便や下痢がちだと肛門腺に便が侵入し、便中の細菌によって膿瘍(うみ)が形成されます。このため発熱や疼痛を伴うようになります。貯まったうみがでると楽にはなります。
この状態が痔瘻といわれています。こうなると肛門周囲にうみが混ざった分泌物がでるようになります。残念ながら痔瘻は保存的には治らず、手術が必要となります。

豊島園大腸肛門科
pagetop